学習のアドバイス

必見!電験三種の試験の時間割と当日の過ごし方

ケイスケ
ケイスケ
明日はとうとう試験本番です。
これまでの勉強の成果を最大限に活かすためのアドバイスはありますか?
デンスケ
デンスケ
とうとう明日が試験本番ですね。
DENZAPメソッドを活用したケイスケさんなら大丈夫ですよ!

でも試験当日の過ごし方を間違えてしまうと実力を出しきれなくなってしまいます。
今回は当日の過ごし方と注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

電験3種の時間割を再確認

当日の過ごし方をお伝えする前に時間割を確認しておきましょう。

科目 開始終了時刻 時間
理論 9:00〜10:30 90分
電力 11:10〜12:40 90分
機械 14:00〜15:30 90分
法規 16:10〜17:15 65分

 

電験3種の時間割の特徴は休憩時間が長いことです。
この休憩時間の過ごし方が、あなたのメンタルコントロールにとって重要です。

当日の過ごし方5つの注意点

それでは当日の過ごし方のポイントをみていきましょう。

当日の過ごし方5つのポイント
  1. 家を出る前に持ち物チェック
  2. 朝は45分前に会場に着くように
  3. 休憩時間に答え合わせはしない
  4. 弁当は持参しましょう
  5. 参考書は持って行かない

それでは一つずつみていきましょう。

家を出る前に持ち物チェック

当日の朝はまず持ち物チェックをしましょう。

荷物の準備は必ず前日にやっておきましょう。
しかし荷物のチェックは必ず当日の朝にやりましょう。

絶対に忘れてはいけないもののリストを作ったので、これを参考にしてチェックしてくださいね。

持ち物チェックリスト
  1. 受験票(顔写真は貼り忘れない)
  2. 電卓(関数電卓は不可)2台
  3. HBの鉛筆もしくはHBのシャーペン(最低3本)
  4. 予備のシャーペン芯
  5. プラスチック消しゴム(最低3個)
  6. 透明もしくは半透明の30cm以下の定規

特に取り返しが付かないのは受験票と電卓です。
受験票には顔写真を貼り忘れていませんか?
電卓も当日会場近くでは手に入りません。

その他の物は最悪近所のコンビニなどで手に入る可能性もあります。

朝は45分前に会場に着くように

試験は9時から開始ですが、ガイダンスが20分前の8時40分から始まりますから最低でも20分前には着かないといけません。
しかしギリギリに到着するのも危険なので、45分前に到着するようにしましょう。
つまり8時15分には受験会場に着いておきましょう。

会場の最寄駅に到着したら、すぐに帰りの切符を購入しておきましょう!
試験終了後は最寄駅は大変混雑します。
交通系IC(ICOCAやSUICA)があれば買う必要はありませんが、切符で帰る方は必ず購入しておきましょう!

そして会場に到着したら、まずは自分の受験番号が書かれた机を探します。
無事見つかったら、次はトイレに行きましょう。

トイレの場所や大きさは必ず確認しておきましょう。
トイレが狭かったり遠かったら休憩時間の一番最初にトイレに行かなければなりません。

休憩時間に答え合わせはしない

これは一番重要なポイントであり、やりがちな受験生は非常に多いです。
電験3種はマークシート方式の選択問題であり、翌日に模範解答が公表されるため
解答を自分の問題用紙に記録しています。

特に自信がなかった問題や解けなかった問題の答え合わせや参考書で調べたりしたくなるんです。
これは人間なら誰しも、したくなると思います。
私も終わった科目の結果が気になって仕方ありませんでした。

しかし試験が終わった後に答え合わせをしても無意味です。
もう結果は決まってしまっているのです。

もしも答え合わせをして間違っていたことがわかれば、ショックを受けて次の科目に影響が出るでしょう。
逆に正解していても、変な安心感と満足感に浸ってしまい次の科目に影響が出てしまいます。

つまり、答え合わせをしても良いことは一つもありません。
終わった科目は全て満点だったと思うようにしましょう。

最初はなかなか難しいですが、これは本番の練習として過去問を解く際にも実践してみてください。
過去問の解き方は、この記事で詳しくご説明していますので読んでみてくださいね。

電験三種の過去問の勉強法を大公開!あなたの使い方は間違ってない? 過去問の勉強法は目的によって区別しよう! 過去問を解く目的は大きく分けて3つに分けられます。 もしも...
 

終わった科目は全部満点取れたと思って、答え合わせは絶対にしない

ケイスケ
ケイスケ
あー⤵️
絶対答え合わせしたくなっちゃうなぁ…
デンスケ
デンスケ
答え合わせしたくなるのはわかりますが、我慢しましょう。
このためにも絶対に参考書や過去問は会場に持ち込んではいけません。

弁当は持参しましょう

お弁当は自宅から持参するか地元で購入しておきましょう。

会場近くのコンビニは当日の朝は非常に混雑します。
自分の食べたい物が手に入らなかったり、買い物に時間を取られて遅刻したら大変ですからね。
絶対に地元で調達しておいてください。

また試験は夏場なので食中毒対策はしっかりとお願いします。

参考書は持って行かない

最後は持ち物についての注意事項です。
参考書・過去問などのテキストは一切持って行かないようにしましょう。
何故なら休憩時間に勉強したくなってしまうからです。

休憩時間に参考書などで勉強しても覚えられる量は限られています。
つまり覚えられない部分が多くて、不安が増大してしまいます。

それでもどうしても覚えられないから直前に詰め込みたい内容があるときには、要点メモを持って行きましょう。
要点メモとは自分の苦手な部分だけをルーズリーフに纏めたものです。

要点メモは1科目A4片面程度までにしておきましょう。
人間が直前に暗記できる量は限られていますからね。
つまり4科目でA4両面を二枚程度までということですね。

まとめ

今回は試験の時間割の特徴と当日の過ごし方についてご説明しました。

当日の過ごし方の5つのポイント
  1. 家を出る前に持ち物チェック
    ・・・受験票と電卓は絶対にチェック
  2. 朝は45分前に会場に着くように
    ・・・着いたらトイレを確認しよう
  3. 休憩時間に答え合わせはしない
    ・・・正解でも不正解でも次の科目に悪影響
  4. 弁当は持参しましょう
    ・・・会場周辺のコンビニは大混雑!あらかじめ用意しておこう
  5. 参考書は持って行かない
    ・・・休憩中に勉強するなら要点メモを持っていけ
デンスケ
デンスケ
当日の過ごし方も重要ですが、日々の勉強はもっと重要です。
ぜひDENZAPメソッドを活用して勉強してみてくださいね!
DENZAPメソッドは当サイトで無料で公開しています!

電験3種通信講座のオススメランキング

第1位 「電験三種パーフェクト講座」 SAT株式会社
わかりやすいテキストと講義動画で効率的な学習がしたければ、SATの「電験三種パーフェクト講座」の一択で決まり!
資格予備校で人気上位の講師が解説する動画はわかりやすさ120%!
しかも過去問5年分の解説動画までついてくる。
更に30日間返金保証が付いているから、実際に自分で内容を確かめてから判断できる。
DENZAPでオススメ度ダントツ第一位の通信講座です!
総合評価
学習
スタイル
講義動画スタイル
実績豊富な講師の解説動画で基本から過去問までの学習出来る
(Eラーニング形式とDVD形式の選択が可能)
主要教材 各科目テキスト(講義動画付)
過去問5年分(解説動画付)
質問対応 メールで質問可能
返金保証 30日間以内の返金保証付
※返金保証には詳細な条件があります。
条件はレビューページでご確認ください。
支払方法 クレジットカード・代引(佐川急便)・Amazon Pay


レビューページへ公式ページへ

第2位 「電験三種合格指導講座」 ユーキャン
通信教育最大手のユーキャンが作成したテキストは秀逸
添削課題の提出で学習スケジュールの管理までしてくれる。
更に独自の学習支援システム「学びオンラインプラス」では不明点・疑問点を手軽に質問でき、様々な面であなたの学習を強力サポート!
確かな実績と手厚いサポートが評判の通信教育です。
総合評価
学習
スタイル
テキスト学習+通信添削スタイル
科目別テキストでの自学自習と添削課題による理解度のチェックで学習を進めていくスタイル
主要教材 各科目テキスト(講義動画無)
過去問1年分(解説動画無)
質問対応 メールで質問可能
「学びオンラインプラス」から質問可能
返金保証 8日間以内のキャンセル可能
※一般的なクーリングオフ制度です
支払方法 クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い


レビューページへ公式ページへ

第3位 「電験三種受験講座」 JTEX
要点を絞ったテキストと通信添削を通じて学習していくJTEXの電験三種受験講座。
ゲーム感覚で学習できる「media5 Premier Ⅴ 第三種電気主任技術者試験」も付いてくる。
価格の安さを最重視するなら、この講座で決まり!
総合評価
学習
スタイル
テキスト学習+通信添削スタイル
科目別テキストでの自学自習と添削課題による理解度のチェックで学習を進めていくスタイル
主要教材 各科目テキスト(講義動画無)
過去問1年分(解説動画無)
質問対応 郵送で質問可能
返金保証 8日間以内のキャンセル可能
※一般的なクーリングオフ制度です
支払方法 クレジットカード・代引(佐川急便)


レビューページへ公式ページへ

ABOUT ME
デンスケ
デンスケ
後輩に電験3種を指導した経験からDENZAPを立ち上げる。趣味は電験3種の教材研究と過去問研究。平成7年度から前回までの全ての過去問を収集している根っからの電験マニア。普段は製造メーカーの電気エンジニア。