法規

知らなきゃまずい!電験3種法規の特徴と対策

デンスケ
デンスケ
今回は法規の特徴と対策について見ていきましょう。
ケイスケ
ケイスケ
法規の特徴と対策なんか教えてもらわなくても大丈夫ですよ!
法律覚えれば点数取れるんですから。
デンスケ
デンスケ
その考え方は危険ですね!
実は、法規の41.2%は計算問題なんですよ!
計算問題の攻略なくして法規の合格はあり得ないんです。
ケイスケ
ケイスケ
えっ!?
法規なのに計算ですか?

法規は逆から学べ

法規という名前から、ケイスケさんのように法律を覚えるだけと思っている方も多いんじゃないでしょうか。
実は法規の問題のうち41.2%は計算問題なんです。

各科目の分野別の出題率は、この記事で説明しているので読んで見てくださいね。

電験三種の過去23年分の出題傾向を調査してみた! 科目 出題率1位の分野 出題率 理論 電気回路 43.5% 電力 送配電 ...

法規の計算問題は出題率が高いだけではなく、問題の種類も少ないのも特徴です。
問題のパターンも少なく、20種類程度しかありません。

計算問題を最初に勉強すべき理由
  • 出題率が高い
  • 問題のパターンが少ない

この2つの理由からもわかるように、まずは計算問題から攻略することをお勧めしまします。
計算問題を攻略できれば、確実に得点できる土台が完成します。
このしっかりとした土台があって初めて、電気関係法令も落ち着いて学習できます。

電気関係法令の全体像を知っておこう

あなたは法規でどの法令から出題されるかを、きちんと把握していますか?
むやみに暗記に頼る前に最初に全体像を知っておきましょう。

出題される法令はこの7種類です。

法規で出題される7法令
  1. 電気設備に関する技術基準を定める省令
  2. 電気事業法
  3. 電気関係報告規則
  4. 発電用風力設備に関する技術基準を定める省令
  5. 電気用品安全法
  6. 電気工事士法
  7. 電気工事業の業務の適正化に関する法律

出題されるのは7種類ですが、それぞれに解釈・施行令・施行規則が付属されます。

例えば、「電気設備に関する技術基準を定める省令」には
「電気設備の技術基準の解釈」が付属されます。

「電気設備に関する技術基準を定める省令」は大まかな方針しか書いてないため
この技術基準の解釈が具体例を教えてくれます。

また、それぞれの法律には施行令と施行規則が付属されます。
施行令と施行規則は法律に書ききれなかった詳細が書かれています。

「電気設備に関する技術基準を定める省令」は後回し

電気設備に関する技術基準を定める省令(電気設備技術基準)に関する出題は決して少なくありません。
しかし、この分野は後回しにすることをお勧めします。

電気設備技術基準は後回しにすべき理由
  • 範囲が広い
  • 出題率が分散している
  • 細かい数値まで暗記する必要がある

この3点が後回しをお勧めする理由ですね。

範囲が広い

電気設備技術基準及びその解釈は全部で300条近い条文で構成されています。
これは他の法令に比べて圧倒的に多いです。

このためひたすら条文を暗記しようとしても絶対に諦めてしまいます。
もちろん過去問演習を主体に学習しても、毎回違う問題が出題されるため勉強しても中々点数に結びつきません。

出題率が分散している

電気設備技術基準及びその解釈は出題率に偏りが少なく、効率的に学習しにくいです。
それでも頻出の条文はありますから、このサイトでは「どの条文が比較的出題率が高いか」をお伝えしていきます。

つまり最初から”電気設備技術基準及びその解釈”から勉強を始めても、なかなか習得できず次の科目に進めないというジレンマに陥ってしまいます。
やはり、この分野は後回しにするのが得策ですね。

細かい数値まで暗記する必要がある

他の法令は語句を覚えるだけですが、”電気設備技術基準及びその解釈”は条文で定めている「数値」を暗記する必要があります。

例えば、
「低圧架空電線又は高圧架空電線が、建造物と接近状態に施設される場合、その電線がケーブルの場合は上部造営材から【①】mの離隔距離を取ること。」

さて、あなたは【①】に入る数値がわかりますか?

正解は0.4ですね。

このように、細かい数値まで暗記する必要があります。
数値は語句よりも暗記が難しいため、点数が伸びにくいんです。

電気設備技術基準解釈第71条「低高圧架空電線と建造物との接近」に関する出題です

ケイスケ
ケイスケ
市販の参考書だと”電気設備技術基準及びその解釈”が前半に多くのページを割いているから、
この分野に力を入れがちですよね。
デンスケ
デンスケ
市販の参考書の順番は決して、出題率の順でも勉強すべき順番でもありません。
この辺りが市販の参考書を使うときの注意点ですね。

ちなみに教材の選び方は別の記事で詳しく紹介しています。
参考にしてみてください。

電験三種を独学って大変なんです!失敗しない教材選び独学で電験3種合格するには教材選びが最重要です。 この記事ではそれぞれの教材の特徴とオススメの教材をご紹介します。...

電気事業法出題率TOP3を紹介!これだけは覚えよう

計算の次に学習するべきは、電気関係法令のうち電気事業法です。
ここでは電気事業の中でも頻出の条文TOP3をご紹介します。

第1位:電気工作物の定義・種別

出題率第1位は電気工作物の定義・種別です。
電気事業法38条・同施行規則48条に該当する部分です。

この条文からは、こんな内容の出題が多いですね。

一般用電気工作物・自家用電気工作物・事業電気工作物の違いを説明できますか?
一般用電気工作物である小出力発電設備の条件を説明できますか?

第2位:保安規定

出題率第2位は保安規定に関する内容です。
電気事業法42条・同施行規則50条に該当する部分です。

保安規定を定めることが電気主任技術者の重要な業務の一つなので、出題率が高いのも納得ですよね。
この条文からは、条文の穴抜けの空欄補充問題が圧倒的に多いです。

条文を丸暗記するくらいのつもりで知識を増やしていきましょう。

第3位:技術基準への適合

出題率3位は技術基準への適合です。
電気事業法39・40条に該当する内容です。

この内容も保安規定と同じように、条文の穴抜けの空欄補充問題が圧倒的に多いですね。
繰り返し学習して知識を定着させていきましょう。

ケイスケ
ケイスケ
なるほど、この条文から勉強していけばいいわけですね!
デンスケ
デンスケ
もちろん他の条文からも出題されますが、まずは出題率の高い内容から潰していきましょう。

まとめ

以上で法規の特徴と対策をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
もしもあなたが計算問題を後回しにしてしまっていたら、黄色信号です。
一刻も早く計算問題をマスターしちゃってください。

法規の特徴と対策
  1. 法規は逆から学べ
    ・・・”法令→計算”ではなく”計算→法令”の順で勉強すべし!
  2. 電技及び解釈は後回し
    ・・・範囲が広く・出題率が偏らないから後回しにすべし!
  3. 電事法の頻出TOP3をご紹介
    ・・・出題率が高い順に潰していくべし!
デンスケ
デンスケ
今回は法規の特徴と対策をご説明してきました。
当サイトでは法規だけではなく、電験3種の学習に関する総合的なアドバイスをDENZAPメソッドとして無料公開しています。

是非参考にしてみてくださいね!

電験3種通信講座のオススメランキング

第1位 「電験三種パーフェクト講座」 SAT株式会社
わかりやすいテキストと講義動画で効率的な学習がしたければ、SATの「電験三種パーフェクト講座」の一択で決まり!
資格予備校で人気上位の講師が解説する動画はわかりやすさ120%!
しかも過去問5年分の解説動画までついてくる。
更に30日間返金保証が付いているから、実際に自分で内容を確かめてから判断できる。
DENZAPでオススメ度ダントツ第一位の通信講座です!
総合評価
学習
スタイル
講義動画スタイル
実績豊富な講師の解説動画で基本から過去問までの学習出来る
(Eラーニング形式とDVD形式の選択が可能)
主要教材 各科目テキスト(講義動画付)
過去問5年分(解説動画付)
質問対応 メールで質問可能
返金保証 30日間以内の返金保証付
※返金保証には詳細な条件があります。
条件はレビューページでご確認ください。
支払方法 クレジットカード・代引(佐川急便)・Amazon Pay


レビューページへ公式ページへ

第2位 「電験三種合格指導講座」 ユーキャン
通信教育最大手のユーキャンが作成したテキストは秀逸
添削課題の提出で学習スケジュールの管理までしてくれる。
更に独自の学習支援システム「学びオンラインプラス」では不明点・疑問点を手軽に質問でき、様々な面であなたの学習を強力サポート!
確かな実績と手厚いサポートが評判の通信教育です。
総合評価
学習
スタイル
テキスト学習+通信添削スタイル
科目別テキストでの自学自習と添削課題による理解度のチェックで学習を進めていくスタイル
主要教材 各科目テキスト(講義動画無)
過去問1年分(解説動画無)
質問対応 メールで質問可能
「学びオンラインプラス」から質問可能
返金保証 8日間以内のキャンセル可能
※一般的なクーリングオフ制度です
支払方法 クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い


レビューページへ公式ページへ

第3位 「電験三種受験講座」 JTEX
要点を絞ったテキストと通信添削を通じて学習していくJTEXの電験三種受験講座。
ゲーム感覚で学習できる「media5 Premier Ⅴ 第三種電気主任技術者試験」も付いてくる。
価格の安さを最重視するなら、この講座で決まり!
総合評価
学習
スタイル
テキスト学習+通信添削スタイル
科目別テキストでの自学自習と添削課題による理解度のチェックで学習を進めていくスタイル
主要教材 各科目テキスト(講義動画無)
過去問1年分(解説動画無)
質問対応 郵送で質問可能
返金保証 8日間以内のキャンセル可能
※一般的なクーリングオフ制度です
支払方法 クレジットカード・代引(佐川急便)


レビューページへ公式ページへ

ABOUT ME
デンスケ
デンスケ
後輩に電験3種を指導した経験からDENZAPを立ち上げる。趣味は電験3種の教材研究と過去問研究。平成7年度から前回までの全ての過去問を収集している根っからの電験マニア。普段は製造メーカーの電気エンジニア。